脱毛ラボ 栃木

脱毛って痛いの?

 

脱毛って痛いの?

 

脱毛ラボ,栃木,店舗,宇都宮店,予約,脱毛,場所,行き方,栃木県

 

脱毛で痛いと感じるかどうかは脱毛方法や部位などにもよって違いますし、感じ方は人それぞれなので、一概には言えません。
しかし、一般的な脱毛方法の中で痛い順にランキングを紹介してみます。

 

電気脱毛(ニードル脱毛)

 

電気脱毛(ニードル脱毛)は毛穴一本一本に針を差し込み、電流や高周波を流して毛根を焼くという脱毛法です。
痛みについては、針を差し込むのは痛くないのですが、電流を流したときに火傷させられるような痛みを感じます。

 

中には涙が出る程痛がる人もいますし、普段使わないところに力が入り、体の他の場所が筋肉痛になることもあります。

 

 

ワックス脱毛

 

脱毛用のワックスを毛に塗り、時間を置いて毛とワックスが接着したところで一気に剥がし、毛根から毛を抜く方法です。
一気に多くの毛をまとめて抜くので、剥がすときはかなり痛く、剥がした後は肌が真っ赤になることもあります。

 

 

毛抜き

 

毛抜きで一本一本毛を抜く脱毛法です。
部位によってはとても痛く感じるところもあります。
場合によっては血が出たり、赤く化膿することもあります。

 

 

医療レーザー脱毛

 

脱毛クリニックにて毛根に光を当て、毛根や周辺組織にダメージを与えることにより脱毛する方法です。
痛みは輪ゴムで弾かれる程度になります。

 

 

家庭用脱毛器

 

脱毛方式には、フラッシュ式、レーザー式、サーミコン式の3種類があります。

 

 

フラッシュ式・レーザー式

 

フラッシュ式とレーザー式は光を毛根に照射することにより、毛根や周辺組織にダメージを与えて脱毛します。
痛みは設定するレベルにもよりますが、脱毛クリニックや脱毛サロンで行われる施術よりはマシです。

 

特にレーザー式は安全性を重視し、脱毛クリニックで使われている脱毛器よりも出力が低くなっているので、痛みも少なくなります。

 

 

サーミコン式

 

サーミコン式は熱線脱毛方式とも言われ、熱で毛を焼いて脱毛する方法です。

 

肌への刺激が少なく、どんな肌にでも使えるのが特徴です。
痛みはちょっと熱を感じる程度になります。

 

 

 

【6位】光脱毛(フラッシュ脱毛)

 

脱毛する原理は医療レーザー脱毛とほぼ同じで、特殊な光で毛根にダメージを与える脱毛法になります。

 

出力が医療レーザーよりも弱いので、そのおかげで痛みはほとんど感じません。
しかし、部位によっては稀に輪ゴムを弾くようなバチンという痛みを感じることがあります。

 

 

 

【7位】ハイパースキン脱毛

 

ハイパースキン脱毛は毛が生えていない休止期に毛穴に特殊な光をあてることにより、
毛の発毛因子を消滅させて毛が生えないようにする脱毛法です。

 

全く痛くないので、子供でもできる脱毛として話題になっています。

 

 

>>トップページへ

 
ホーム RSS購読 サイトマップ