脱毛ラボ 栃木

脱毛するときは毛は伸ばしておいたほうがいいのか?

 

脱毛するときは毛は伸ばしておいたほうがいいのか?

 

脱毛ラボ,栃木,店舗,宇都宮店,予約,脱毛,場所,行き方,栃木県

 

脱毛方法によって毛を剃った状態の方がいい場合とある程度伸ばした状態の方がいい場合があります。
脱毛方法ごとにどちらがいいのか下記を確認してみてください。

 

医療レーザー脱毛、光脱毛(フラッシュ脱毛)の場合

医療レーザー脱毛、光脱毛(フラッシュ脱毛)の場合は毛は剃っておく必要があります。
理由は毛が伸びていると脱毛器の光の照射口と肌の間に毛がある状態になり、表面の毛に伝わった熱で肌を火傷する恐れがあるためです。

 

また、毛を剃っていないと肌表面に出ている毛にばかり光が反応し、毛根まで光が行き渡らなくなるので、得られる効果が弱くなります。

 

電気脱毛(ニードル脱毛)の場合

電気脱毛(ニードル脱毛)の場合は1〜2mm以上毛を伸ばしておかなければなりません。
理由は毛の生え方によって毛穴の深さや角度を把握し、処理時間などを判断するためです。

 

ワックス脱毛の場合

ワックス脱毛の場合は、毛は伸ばした状態でないと脱毛できません。
長さは大体1.5〜2cmくらい伸ばしておくと上手に脱毛できます。

 

毛抜きの場合

毛抜きの場合はすでにご存知の通り、毛は伸ばした状態でないと脱毛できません。
最低でも1mm以上は伸びていないと毛抜きで挟めないでしょう。

 

ハイパースキン脱毛の場合

ハイパースキン脱毛の場合は、施術前に毛は剃っておく必要があります。
そもそもハイパースキン脱毛とは、毛周期の中でも休止期に当たるいわゆる毛が生えていない時期に特殊な光を当て、毛の素になる発毛因子を消失させることで毛を生えなくする方法です。

 

そこで、肌の表面に毛が生えていると光を遮り、毛が生えていない毛穴の中まで届かなくなってしまいます。

 

 

 

脱毛サロンや脱毛クリニックで光脱毛(フラッシュ脱毛)や医療レーザー脱毛、ハイパースキン脱毛の施術を受ける場合は、ほとんどの場合事前に自分で毛を剃っていく必要があります。

 

しっかり毛を剃ってこないと施術を断られることもあるので、注意が必要です。
また、脱毛サロンや脱毛クリニックによっては剃り忘れを無料で剃ってくれたり、別料金で剃ってくれるサービスを行っているところもあります。

 

しかし、基本的には自分で事前に行うものなので、忘れずに行うようにしましょう。

 

また、電気脱毛(ニードル脱毛)の場合は、逆にある程度伸ばしておかないと施術できないので、間違っても前日に剃ったりしないように気をつけましょう。

 

 

>>脱毛ラボ栃木【宇都宮店】の予約・場所の詳細はこちら

 
ホーム RSS購読 サイトマップ